精度の高い鮮度抜群の月次試算表でスピーディーな経営判断を!!

経理は企業内部より税務署や銀行など外部の利害関係者のため経理を処理

していました。しかし、もうそろそろ自社の発展や未来のため経理資料を

利用・活用しなければ経理処理に高いコストと時間を掛けて税務のためだ

けではもったいないことです。

経理資料を経営のため・明日の利益のための設備投資や人材投資の判断

のため利用するには精度の高い鮮度抜群の月次試算表がどうしても必要

です。古い数ヶ月前の月次試算表ではめまぐるしく変化する経営環境に立

ち向かえません。

しかし経理で表現される経営結果は数字でとらえることのできるものの一

部です。生産量や労働時間などは表現されませんが、経理で表現できない

数値や経営者の経営の今にたいする感覚の熱いうちに鮮度抜群の月次試算

表の結果の数値とあわせて総合的なスピーディーな経営判断が必要なので

す。

月次試算表の賞味期限は非常に短いとゆうことです。できるのが遅いと、

できたときには賞味期限が切れているとゆうことです。これでは何の役

にもたちません。

どんなにすばらしい経営目標や経営計画をもっていても自社の現状がどう

なっていて目標にたいしどの程度進捗しているのかなど、しっかりと企業

の足元の位置をリアルタイムに確認できるシステムが必要です。数字でし

っかりと企業のいまを確認しないと人はどうしても自分の都合よく考えた

り、経営者の経営のいまにたいす思いと経営数値の間にどうしてもギャッ

プができます。それだけ経営環境の変化やスピードが速いとゆうことなの

です。

そのため、まず鮮度抜群の月次試算表を短時間に作れないといけません。

しかし経営者からの要請はいつもコストを掛けずにです。

月次試算表にも経営者から納期・品質・コストが求められているのです。

経理などのバックオフィスは、常に効率化と確実性の相反する命題をかか

えつつ納期・品質・コストを実現するためには従来のやり方と違ったカイ

ゼンを超える「変革」が必要になってきているように思います。

                    代表社員 橋 本 佳 三

カテゴリー: 税務実務   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>