相続人が未成年者の場合の相続方法

こんにちは、山田です。

最近相続で相続人が未成年者の案件がありました。

あまりないことかとは思いますが、

例えば息子さんや娘さんが亡くなられていて

お孫さんがおられ祖父母が亡くなった場合、お孫さんが相続人になります。

代襲相続です。

その時お孫さんが成人されていれば遺産分割協議に立ち会っていただき、

協議が成り立てば協議書に実印を押していただくこととなります。

でも未成年者の方がおられた場合はその方1人に対して

1人の「特別代理人」を立てることになります。

この「特別代理人」には相続の権利がある方はなることはできません。

相続の権利がある人が「特別代理人」になって未成年者の権利を利用して、

自己に有利な分割に持っていくのを防ぐためです。

「特別代理人」を選ぶためには、まずその未成年者の住所地の家庭裁判所に

「特別代理人選任申立書」を提出し裁判所に「特別代理人」を決定してもらいます。

「特別代理人」が決まれば、その「特別代理人」が

未成年者の代理として遺産分割協議に参加し、

遺産分割協議書に捺印することになります。

 

様々な相続の形態があると思いますが、

「争続」にならないようにできれば遺産を残される方が

生前に何らかの意思を残されるのがいいと思います。

当事務所では「遺言信託」の取次ぎ等もしております。

また様々な相続の案件をこれまで扱ってきておりますので、

何か不安があれば一度ご相談下さい。

 

カテゴリー: 税務実務   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>